【キッチンにはこだわらないと後悔する】タカラスタンダードの「レミュー」の使用感とレビュー

この記事は約8分で読めます。

タカラスタンダード レミュー

 

料理好きな人もそうでない人も、こだわりたいのはキッチンのメーカーとグレード。

リクシル、TOTO、タカラスタンダード、トクラス、それぞれに良さがあり、悪さがあります。

 

新しい家を建てるにあたり、限られた予算の中でも、キッチンは優先順位を高めて考える人が多いです。

毎日の料理を楽しく、お手入れも楽にこなしたいという思いがあるのは、あなたも私も同じだと思います。

 

安物買いして生涯のキッチン事情で後悔したくないですよね!

 

最終的に私が選んだのはタカラスタンダードであり、「レミュー」は丸2年使っていて心から推せる自慢のキッチンです。

 

 

また、キッチンまわりの装備を決める際に重要視すべきことも共有します。

 

この記事を参考にして、キッチンを選んでいただけたら、あなたも「ああしておけばよかった、こうしておけばよかった」などと思うことはなくなるはずです!

 

キッチンの良し悪しは家の出来不出来を直接示すものですのでぜひ参考にしてみてください。

 




 

タカラスタンダードのキッチンの特徴

 

ホーローは他の素材よりも格段に汚れが落ちやすい

 

ホーローはガラスと鋼板を組み合わせた作られた優れた材料のことを言います。

 

  1. ガラス面の汚れにくさ
  2. 鋼板の熱耐性
  3. 鋼の磁力

 

上記メリットを持ち合わせていて、他社にはないタカラスタンダード独特の技術です。

 

これまでのアパートで使用していたキッチンはキッチン下扉の水はね汚れは落ちなくなっていました。

(尚、安いアパートではありませんよ)

一般的には、扉に対して防水のシールを貼っているようなイメージのデザインが多いようです。

 

感覚的な話をすると、防水加工してあったとしてもシールの表面って水垢が残ると案外と取れなくなってしまいます。

でも例えばガラスの表面ならどうでしょうか。

染み込んで取れなくなることってないですよね。

 

参照元’https://www.takara-standard.co.jp/brand/holo/

 

ホーローはそのガラスの表面を持っているので、水はねなどの汚れは落とすことができ、年月が経ってもキレイな状態を保つことができるのです。

 

また、ホーローの場合は磁石がくっつくので、キッチンパネルや扉にもマグネットをつけることができます。

 

タオル掛けなど磁石でくっつけることができるので便利です。

 

 

 

シンクはステンレス推し

 

トクラスの人工大理石キッチンなどもショールームに行って体験してきました。

人工大理石などは磨けば汚れは落ちるということで、お手入れ性も悪くない様子でしたが、くすみ汚れなどが出てくる気がしたので、

結論としてはステンレスの方が長い目で優れるということになりました。

 

 

ステンレスは磨けば汚れが落ちるという、義理の母の金言があります。

妻の実家もタカラスタンダードキッチンで、美しさを保っているあたり、信頼できるのです。

 

私は毎晩水滴を拭きあげているので、2年使い続けていますが、水垢は一切ついていません。

シリコンのブラシでざあーっと洗ったあとに小さいフキンで拭くのはかなりおすすめです。

全っ然、水垢が残らなくなります。

 




 

 

海外製大型食洗器をインストールできる

 

我が家では食洗機は海外製の「ミーレ」の大容量タイプを選択しています。

このタイプの使用を受け入れてくれた数少ないメーカーさんがタカラスタンダードです。

 

 

L字型キッチンでビルトインタイプの食洗機を配置する、というカスタマイズにも親切にご対応いただきました。

 

我が家の場合はコンロ前まで扉が開く配置としてしまったので、料理するときに結構邪魔になっています。

基本的には閉めておくしいいや、と思っていたのですが案外開きっぱなしにしていると便利です。

 

ここは失敗ポイントだったので、邪魔にならないような配置にすることをおすすめしておきます。

 

 

換気扇もホーローで食洗機に入れられる

 

お手入れ性の面で忘れがちですが、換気扇のレンジフードのメンテナンスも気が利いています。

レンジフードってダイレクトに油を受ける場所にあるため、まともに洗おうとするとかなりストレスかかる。

 

 

ところがホーローならたまに外して食洗機にぶち込むだけなのでほんとに楽。

 

 

(換気のファンはホーローではないので注意。食洗機に入れれるのはレンジフードです。)

 

 

 

「レミュー」の他社にはない良いところ

 

 

調理台がクォーツストーンと呼ばれる高級人造石

 

実用的な観点から言います。

クォーツストーンの天板は劇的に汚れにくい。

 

一般的な台所の天板ってそうは言っても次第にシミやくすみ汚れが目立ってくるものです。

 

しかし、クォーツストーンは違いました。

 

表面の穴が極めて小さく、汚れが付着しにくいとの謳い文句の通り、色が沈着することもなくスパッと拭き取れる良さが際立ちます。

 

天板が平面で凹凸がないのも拭きやすいです。

 

 

フキンでざっと拭きあげるだけでキレイ。

ツルッツルなので汚れがつく気もしません。

 

天板は凹凸のない平面に限りますね。

 

 

排水溝の金網を食洗機で洗える

 

「レミュー」に限ったことではないかもしれませんが、排水の金網はステンレス製であり、

食洗機で洗うことができます。

 

 

毎日の食洗機で洗うことができるので、汚れが蓄積することがなく、キレイを保つことができます。

(写真は食洗器かける直前なので汚れた状態です。)

 

他のメーカーで聞いたときは、意外と食洗器で洗えないタイプのものあったので、どこのメーカーを選ぶにしても確認しておくべきです。

排水口ってけっこう汚いイメージがあるので、これを手洗いせずに済むのは精神的に楽。

 

私が一人暮らしをしていたときはプラスチック製の排水溝で、ヌメリをともなうのでお掃除で苦労していたことを考えると食洗器で洗えるのはかなりのメリットと感じています。

 




 

 

良いことばかりだけではなく悪い点もある

 

 

色のバリエーションが少ない

 

直接的な機能面ではないですけど、色やキッチンパネルなどの選択肢が少ないです。

 

どんな場面でデメリットになるかというと、ビルトインタイプの食洗機を選ぶ場合。

食洗機の扉の色が中途半端な色味だった場合に、その部分だけ浮いてしまう可能性はあります。

 

幸い、我が家では白のホーローに対して、白の食洗機扉だったのでそこまで問題にはなりませんでした。

 

 

色まで込みでお洒落なキッチンを目指している方にはちょっぴり物足りないカラーバリエーションになるかと思います。

 

 

言わずもがな高級品

 

機能、性能、美しさ、に見合ったお値段なのはどうにもならない現実です。

それでもやっぱり選んで良かったと思えます。

 

 

 

「レミュー」の総合評価

 

  1. クォーツストーンは汚れにくい
  2. レンジフードもホーローで食洗機にインできる
  3. 収納内もホーローだからお手入れ性◎

 

振り返ってみても、とにかくお手入れ性に優れていることがこのキッチンの良いところであり使いやすさだと感じます。

 

おそらく、長い時間が経っても美しい状態を維持できると思います。

なぜなら、日々日々のメンテナンスがとても手軽になるようにデザインされており、汚れが蓄積することがないためです。

それは妻の実家のキッチンからも立証されています。

 

この記事を読んでいただいたことで、実レビューとしてお手入れ性の良さを感じてもらえると嬉しいです。

 

私自身、いろんなショールームを訪れてそれぞれのメーカーの良い点、悪い点を肌で感じてきましたので、

実物を確かめて感じて決めることは大事だと考えています。

 

まずは、ショールームの来店予約をして実物の良さを確かめてみてくださいね!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました