【軒天の色を変えたら家の表情が変わった】青色軒天の家づくり

この記事は約3分で読めます。

 

さりげないおしゃれで他の家と差をつけたいと思いませんか?

そんな方には軒天の色を変える案を提案します。

軒天のように一見目立たないような箇所にお洒落を取り入れるのは、奥ゆかしさという点で美しさを感じさせることでしょう。

 

軒天の色を変えるって発想は実はあまり出てこないと思います。

なぜなら、周りの家を見渡してもほとんどやっていないからです。

今回、設計士さんが提案してくれましたが、実際に軒天の色を変えるのは初めてと言っていました。笑

ただ、実際に変えてみて、「相当かわいいですね!」と絶賛でした。

「ほんとうにうまく家の雰囲気に馴染むか心配。」

「そんなに変わらないんじゃ?リスクはおかしたくないなあ」

 

いろんな心配事を抱えていることと思いますが、実際に軒天の色を変えた家の例を紹介していきます。

あなたの家もきっとますます素敵な家になります。

 

 

軒天とは

軒先の天井を指します。

屋根が出っ張った部分の下側です。

玄関先などは軒天が広く取られているので、色を変えることで印象を明るくすることができます。

 



 

淡い青色の軒天の例

 

最近では軒天を木目調の家を見かけます。

あれはあれでおしゃれですが、やはりこだわりを見せるなら色を使うことだと思います。

圧倒的におしゃれです。

例えば、こんなイメージです。

 

軒天

 

印象の明るいイメージを受けませんか?

個人的には濃い色よりも、くすみ色というか北欧系の色使いが成功すると思います。

 

 

 

 

屋根の色との相性を考えよう

 

今回紹介したのは屋根の青い家です。

青い屋根と白い壁の家。

 

色の相性としては同系色がおすすめです。

デザインにおいても同系色でまとめると喧嘩せずに調和します。

 

また、灰色の屋根であれば、基本的にはどんなかすみ色も相性が良いと思います。

くすみ青、緑、ピンク、選択肢は広いかと思います。

 

 

デメリットを挙げるとしたら?

 

イメージ通りになるかは、

仕上がってみないとわかりません。

色を選択するときには、思い悩むことと思いますし、決断には勇気がいると思います。

 

でも、悩んで決めた結果にはきっと愛着が湧きますよ。

(全面的に押し出す部分ではないので、多少は大胆に攻めても他の人はあまり気づかないかもしれませんし 笑)

勇気を持ってやってみましょう!

 

 

まとめ

 

家づくりのほんの一部ではありますが、仕上がり時のやって良かったことに挙げるレベルのポイントになりました。

成功の分かれ道は、やるかやらないかだけ。

 

メーカーによって軒天の色の変更に応じてもらえないこともあるかもしれませんので、まずは担当の設計者に相談してみてはいかがでしょうか。

優しい雰囲気のお家づくりを目指している方はぜひご検討ください。

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました