【お風呂場の窓問題】最低限のサイズにしたが寒いものは寒い

 

注文住宅で家作りする際に、少しこだわったこと。

それは浴室の窓は最小限のサイズにして、冬でも寒くならないようにしたこと。

 

でも、実際に暮らしてみて、窓のサイズはあまり関係ないということに気付かされたのでした。。

 

我が家は外断熱の高気密高断熱の家づくりをしていて、お風呂場のあたたかさにもこだわったつもりでした。

 

同じ理由で窓をなくそうとされている方もぜひ参考にしてみてください。

 

 

窓を無くすと断熱性能は上がるのか?

 

お風呂場の窓

 

窓を小さくすると外気との熱交換面積が小さくなる意味で、断熱性能は上がります。

 

冬場、窓ガラスの下にいるとひんやりすることからもイメージできますよね。

(尚、ペアガラスにすることで、間にガスが入り冷気が伝導しにくくなるため断熱性能は向上します。)

 

断熱性能を高めたいのであれば、少しでも窓を小さくすることは理にかなっているのです。

 

採光面積が小さくなるので、自然光による明るさとのトレードオフの関係にはなりますけどね。

 

 

下の図は我が家の最小限にした窓です。

一般的な窓であればこの2倍くらいのサイズになります。

採光目的で小さいながらも窓を残しました。

 

 

 

断熱性能が上がるとお風呂場は寒くなくなるのか?

 

「断熱性能が高まるとお風呂場は暖かい」という私の目論みは儚くも外れることになります。

 

せっかく窓を最小限まで小さくしたのに、お風呂場は寒いのです。

 

なぜか。

犯人は、「24時間換気」です。

 

24時間換気が頑張って稼働し続けてくれるおかげで、浴室内には常に気流が発生しているのです。

つまり、濡れた体に僅かながらも風が当たるので、体感的にはとても寒い。

 

 

 

断熱のおかげで気温は下がらなくても、気流が通り抜けてるなら寒いものは寒いのです。

お風呂の寒さは窓が原因と思っていた私の考えの敗北です。

 

 



 

結論。窓を小さくしても寒い。

 

結局、窓を小さくしても気休めにしかならないことが身をもってわかりました。

 

採光の意味で小さい窓はあったほうがむしろ良い

 

設計士さんが採光のため少しは窓を残した方が良いと言ってくれてたのがせめてもの救い。

個人的には、小さな窓でも十分明るくなるので、窓を大きくしすぎる必要はやはり無いように思います。

 

 

お昼過ぎでこれだけ明るければ十分ですよね。

 

 

24時間換気を止めるとカビやすく

 

「24時間換気つけてて寒いなら消せばいいじゃん」と思う方もいるかと存じます。

でも、我が家にとってこわいのは寒さよりカビなのです。

 

湯気で天井や壁が湿りがちになって、コーキングや天井にカビがつくのは一番嫌。

カビと寒さはトレードオフの関係になるので、ここは各家庭の考え方次第になるかと思います。

 

また、24時間換気を回しているときは窓は締めておいた方が効果が高いそうです。

窓を開けたままの状態と、窓を閉めた状態の浴室内の気流の様子をシミュレーションした記事を下のリンクで紹介しています↓↓

 

 

 

まとめ

 

ない頭絞って考えた「窓最小限計画」は失敗に終わったわけですが、幸い我が家では小さい窓にしていた分特に後悔はありません。

 

また、窓を小さくしても効果が少なかったと書いていますが、「まったく寒くなくなることを目指したが、換気機能があるため現実には叶わなかった」という意味です。

 

工夫したけど寒さゼロにはできなかったという意味です。

 

そのため、そもそもの断熱性能を上げてあ風呂場の温度が下がりにくくするという対策を否定するものではありません。

お風呂場の温度自体が下がると、換気流れに加えてさらに寒くなるので断熱性のが高いことに越したことはありません。

(程度の問題ですが、断熱対策が施された窓の面積を少し狭めたくらいでは体感による効果が少ないイメージです。)

 

同じように「窓無し風呂」を考えている方々の参考になれば幸いです。

 

個人的には、多少の断熱性と採光まで考えて、「最小限の大きさの窓に留めとく」くらいがベストな結論だと思ってます。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました