【最近流行りの電動水スプレーモップ】Liveaseを使ってわかったことを本音でレビュー

 

最近流行りの水拭き電動モップ。

我が家でも新居への引っ越し+出産を機会に電動モップを導入しました!

 

「なぜ床拭きロボットではなくて電動モップなのか?」

購入前の一番の関心ポイントではないでしょうか。

 

結論から言うと以下のような選び方でよいかと思います。

 

・予算的に厳しいなら電動モップ一択。

・ちゃんと掃除したい人なら電動モップがおすすめ。

 

 

Liveaseの電動モップを実際に使用してみて感じたことや気づいたことを紹介します。

電動モップの実力やいかに!

 

 

電動モップ「Livease」の特徴

 

見た目の重量感に似合わず動作が神レベルで軽い!

 

初めて起動して動かしたときの滑らかさたるや、箱ティッシュを滑らせているような心地でした!

一応ヘッドの重量は2.8kgはあるそうですが、まったく重さを感じさせません。

 

クイックルワイパーより断然軽く感じました。

 

ヘッドが1000回/min.で振動している分、浮いているような感覚で移動ができるのでしょうね。

 

 

 

 

拭く力がクイックルワイパーやブラーバに比べて格段に強い

 

 

稼働時は「ズドドドドド」とヘッド部分が振動しながら進行します。

 

 

拭き上げ後の様子からもわかるかと思いますが、一言で表すと「パワフル」な拭き心地と仕上がりです。

 

床拭きって自力でやろうとするとかなりの労力がいりますよね。

先日の引っ越しの際に前のマンションを全て床拭きしましたがたいへんな労働と負担でした。

小学校の頃のように雑巾しながら駆け回っていたような体力は大人には残されていませんね。。笑

 

ラクラク水拭き掃除ができるのは非常にありがたいですね!

公式では除菌率99%と謳っています。

(よくわかりませんが、菌がいなくなるみたいなことを書いてました。)

 

取っ手のボタンを押すだけで水が「プシューッ」とスプレーされますし、片手でスイスイパワフルな掃除が可能です。

機械下のモップ部分は「べりべりっ」とマジックテープで剥がして洗って使います。

(マジックテープも強力で自然にはがれることはありません。)

 

 

バッテリーの継続時間と充電時間

 

コードレスなのはありがたいですよね。

バッテリーは充電約3時間で約50分連続使用が可能です。

 

リチウムイオン電池製なので経年でどうしても劣化はしていきますが、コードレス製品ならどれでも避けられない運命。。

使っていて感じるのは50分もあるので数回掃除に使ってようやく電池切れになるような印象です。

 

バッテリーの持ちについては不満はありません。

 

また、スタイリッシュなデザインなので、インテリアの邪魔もしないのでいい感じです。
 


 

 

こんな場面があるならとても役に立つ

 

小さい子供がいるご家庭

 

言わずもがな小さい子がいるご家庭では調味料など粘度の高い液体を床にこぼすことは日常茶飯事ですよね。

飛び散ったジュースの液滴や、飛び散ってくっついているお菓子の欠片など、電動モップなら力強さで拭き上げてくれます。

 

モップ部分は二枚のシートで構成されており、ベリリリリっと剥がして洗うことができます。

 

 モップ部分を洗うだけのお手入れなので楽々です。

 

 

裸足で過ごすライフスタイルの方

 

床の皮脂をちゃんと掃除したいなら電動モップがおすすめです。

フローリングの白いシミや、クイックルワイパーでは取り切れない汚れも電動モップをかけることでキレイにさよならすることができます。

 

強力な水拭きだからこそ汚れが落ちるように思います。

 

 

 

床材にやわらかい木材や無垢材を使用している場合

 

無垢の木材を床に使用しているひとならメンテナンスとして水拭きをたまに行わなければならないと思います。

程よく水拭きしようと思ったら、ロボットでは万遍なく行うことはできないですし、クイックル系では水分量が足りないでしょう。

 

床の木材のメンテナンスには電動モップが向いています。

 

 

デメリットはある?

 

デメリットをあげるならば、手動なのでお掃除に時間はかかること。

家の床前面をモップしようすると20~30分くらいはかかります。

(まともに床を水拭きしようとと思ったら2時間くらいかかるので、電動モップのおかげでかなり時短はできていますが。。)

 

使っていて、ブラーバなどのロボットなら何もしなくても自動である程度の掃除はしてくれるのにな とは思ってしまいます。

 

ここは予算と思想のバランスで決まるところなので何とも言えないですが、タイムイズマネーの考え方をするならば、ブラーバなどのロボットを買うことをおすすめします。

 


 
 

まとめ

 

ロボットのような便利さはありませんが、床を雑巾で拭き上げたようなサラサラの清潔さを保つことを目指すのであれば電動モップがおすすめです。

使い勝手もよく、不満も特にないのでなかなか良い買い物でした♪

 

床の水拭きを雑巾で自分でやった労力を考えると、電動モップでラクラク水拭きできるなんて便利な世の中になりましたよね。

 

 
PVアクセスランキング にほんブログ村
 


コメント

タイトルとURLをコピーしました