【Windows10 ゲームバー】ゲームバーの画面録画では領域は指定できない!→パワポがおすすめ

この記事は約3分で読めます。

 

Winndows10の標準機能として装備されている録画ツールの「ゲームバー」。

標準機能に含まれるので非常にありがたいのですが、いささか使い勝手が悪いようです。

 

一番困ったのはコレ。

録画機能を使って指定範囲をmp4に変換しようと考えていたのですが、動画の録画領域を選択するコマンドが見当たらない。

 

結果いろいろネットで探したのですが、どうも領域指定は機能に含まれていないようです。

(静止画は領域を指定できますが、動画はできません。)

 

最終の結論としては、Microsoft Power Point なら領域も指定できるので、早々とパワポにて録画することをおすすめします。

 

 

「ゲームバー」では領域を指定できない!

 

ムービー録画では領域を指定できないのであきらめるべし

 

 

ゲームバーを起動して設定などをよく見渡しても、録画の領域指定コマンドはありませんでした。

ネットでも一通り検索をかけましたが、録画領域の記載は見当たりません。

 

録画領域にこだわらない人には便利なツールだと思います。

開いているウィンドウ(起ち上げているアプリケーション)をアクティブにして、録画を開始すると簡単にmp4ファイルを作成することができます。

 

 

 

領域選択のコマンドは静止画のキャプチャ用です

 

「Windowsキー + Shift + S] を押すとWindow10標準の画面キャプチャ機能が起ちあがります。

 

 

ここでの範囲指定はあくまでも静止画のキャプチャ範囲であり、ムービーの範囲指定ではありません。

 

範囲指定の方法を調べていた際に混同して記載してあるサイトがいくつかあったため、参考情報として載せておきます。

 

キャプチャ機能であれば、Windows標準の「Snipping tool」をタスクバーにピン止めしておくのが最も効率的と思っています。

 



 

それじゃあ、範囲を指定して録画する方法は?

 

PowerPoint ですべて解決

 

Microsoft PowerPointなら領域指定が簡単にできます。

「挿入」タブ内の「画面録画」を押すと録画ツールが起ち上がります。

 

 

範囲の指定も楽々できてしまいます。

 

あとは、キャプチャ動画上で「メディアに名前を付けて保存」ボタンからmp4など好きな形式で保存するだけです。

 

動画の長さの編集などもできる点、とても便利!

 

 

まとめ

 

アクティブウィンドウをまるごと動画で保存したいなら「ゲームバー」は有用です。

動画のキャプチャ範囲を指定して保存したいならばPowerPointが優れていると思います。

 

ゲームバーで範囲を指定できるのは静止画だけなので、早々とPowerPointに切り替えることをおすすめしておきます。
PVアクセスランキング にほんブログ村

 



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました