【お風呂のカビ対策!】水切りワイパーが効果大!

 

 

お風呂上がりにお風呂場のケアどこまでやってますか?
24時間換気だから何もしなくて大丈夫?
冷水で流しとけばOK?
タオルで水気を拭き取ってますけど?
私の周りで聞き取り調査したところ、タオルで水気を拭き取っている人の割合ってかなり少ないです。
(拭き取りまでしている方はこのタイトルの記事を開くこともないと思います。)
逆に冷水もかけずに換気しかしてない人はぜひ対策をしてほしいと思います。
ちなみに、「特に何もしてないけど、壁にカビなんて見当たらないよ」って方、きっと排水溝の中はカビの温床になっていると思うので、ぜひお試しください。
今回紹介する、水切りワイパーはかなりおすすめです!
カビが減るとお風呂掃除がぐっと楽になりますよ!

 



 

カビの対策にはとにかく湿度・温度を下げる工夫を

 

カビが発生しやすい条件の大きな要因に、高温・多湿があります。
この記事では赤カビ・黒カビというような小難しい話をするつもりはありません。
とにかくどんなカビにでも共通するのは、
・できるだけ温度を下げる
・できるだけ湿度を下げる
に尽きるのです。
私も過去に防カビ燻煙剤など試しましたが、特に効果を実感できたわけではなく気休め程度にやっとくものという認識です。
また、24時間換気を過信しすぎてもいけません。
お風呂上りは、もッとした高温多湿な状態なので、いくら換気を起動させていたとしても短時間でカビの成長を促す時間となります。
(例えば翌日浴室に少しでも水気が残っているならば、湿度が高い状態で維持されていたと考えるべきです。)

冷水をかけるだけでもカビ対策にはなる

お風呂上りにシャワーで冷水をかけるのは非常に効果的だと言えます。
・カビの原因となる泡の残りカスや皮脂を簡単にでも洗い流すことができる
・温度を一気に下げてくれる
これらの点で効果があります。
入浴後のもわっとした空気を、冷水シャワーで全体を流すだけでかなり涼しくなることを体感してみてください。

実際に、シャンプーやボディーソープのぬめりもかなり抑えることができます。

 



 

でも最低限、壁や床の水気を落とすべき

 

冷水シャワーで浴室内を洗い流すこと自体はかなり効果があることはわかりました。

でも、残念ながらこれだけでは不十分です。

 

なぜならば、壁や床に残った水滴はカビを成長させるのに十分すぎる要素となるからです。

(湿度がカビを成長させるのは明白なので当たり前ですね。。)

 

こうなると水気を飛ばすしかないわけですが、タオルで拭き取るなんて正直めんどくさくてやってられないですよね。

私もそんなこと毎日やりたくありません。

 

そんなめんどう嫌いな私とあなたには水切りワイパーがおすすめです。

 

 

(IKEAの水切りワイパーが安くて使い心地も良いのでおすすめです。)

 

壁と床の水気をサーッとワイパーで落とすだけで、湿度は劇的に下げることができます。

さらに、鏡の水気をワイパーで落とすことによって、水垢がつかなくなるのも大きなメリットのひとつ。

 

これをしておくだけで、排水溝のカビの増殖さえも抑えることができます。

(浴室全体の湿度が下がることによって、排水溝も湿度が下がるという理屈。)

 

ワイパーで水気を落とすだけならタオルで拭き取るった場合のような、タオルの衛生面など気にする必要もありません。

ただしワイパー自体は浴室内に放置するより、浴室の外に設置することをおすすめします。

私が使っているIKEAのワイパーは取っ手の部分が中空になっているため、内部にカビがつきやすい構造になっています。

 

浴室外に出しておけば、ワイパー自体の衛生面も守れるのでおすすめしておきます。

 

IKEA ワイパー

 

 

以上、いかがだったでしょうか。

この記事を読んで、ワイパーで水気を落とすだけなら、と思っていただけると幸いです。

ワイパー自体は安価なのでぜひ試してみてくださいね。

 





コメント

タイトルとURLをコピーしました