【1歳1ヵ月ブログ】卒乳で驚くほど寝てくれるようになる!

 

 

乳を吸っている姿も愛おしい。

でもいつかは必ずやってくる乳離れ。

考え方やタイミングは人それぞれだと思いますが、我が家では1歳1か月のタイミングで敢行いたしました!

 

乳のケアの準備を整えることはとても大事

 

断乳するにあたり、ママの乳のケアもしっかりしてあげる必要があります。

赤ちゃんに母乳をあげないということは、おっぱいが詰まってとても痛くなります

さらに悪化すると乳腺炎になることも。。

 

具体的なケアの方法を挙げます。

助産院(あるいは病院)に相談しておっぱいが詰まらないようにマッサージしてもらいます。

つまり、この日が断乳決行の日になります。

マッサージによって母乳を流し、詰まりにくくします。

 

最後の授乳のタイミングで、おっぱいに動物の絵を描いておくと良いそうです。

最後のおっぱいと認識してくれるとか。

 

妻もクマさんとウサギさんの絵を描いてました。

(夫がそれをみるとその後の性欲に影響するかもしれないので注意 笑)

 

断乳後のアフターケアもしっかり予約しておきましょう。

乳が詰まりにくくしているとはいえ、溜まってはいくのでケアは必要です。


 

夜ぐっすり寝るようになった!

 

卒乳前までは0時と4時頃にだいたい泣いて苦労していましたが、卒乳後は朝目覚めるまでぐっすりと寝るようになりました!

噂には聞いてましたがホントでした。

 

夜寝る前のミルクが効いているかどうかはわかりませんが、飲ませるようにはしています。

(ミルクのせいか、最近口臭が気になりますが。。 笑)

 

 

食べる量が増えます。。

 

食べても食べても物足りないと主張してよく泣くようになります。

始めのころは食べさせすぎはよくないと思い、余計なごはんはあげないようにはしていました。

 

が、しかし、助産院に相談すると、

「ごはんいっぱい食べるようになったでしょう~。おっぱいいっぱい出てたから物足りなさがしばらく続くよ~。数か月したら落ち着くよ~」

ということでした。

 

結果的にぷくぷくと太りだし、まるまるとしていますが、

卒乳作戦大成功!!!でした。

 





 

コメント

タイトルとURLをコピーしました