0歳4ヵ月の息子が大好きな絵本【ちゃぷちゃぷ】

 


 

 

 

絵本なんてまだまだ早いし読んでもくれないだろー

って思ってました。

 

お食い初めの際に両親がお土産として買ってくれた絵本、

ちゃぷちゃぷ」。

 

もらったその場で格ちゃん(息子の名前)に見せてあげると食い入るように見始めたのです。

 

角川書店が出版している絵本で、

赤ちゃんが興味を持つように色合いや図の形を科学して作成されているとの紹介が書いてあります。

 

なるほどネットで調べても魔法の絵本として取りざたされている様子。

 

格ちゃんも絵本を動かすと同時に体ごと動かして見入っています。

 

 

このときは、0歳児も絵本を読むのだと、

これまで絵本を見せていなかったことに後悔しましたが、

その後、似たような絵本を与えてみましたが「ちゃぷちゃぷ」ほど興味は示してくれませんでした。

※格ちゃんが生まれて4ヵ月にして絵本に興味があるなんてめちゃくちゃ賢いのでは?なんて思っていたのですが、角川の科学の力でした。

 

赤ちゃんの脳に直接訴えかけるようなつくりになっているのでしょうね。

 

多少のぐずりくらいであれば、この本を見せえうだけで静かになってしまいます。

まさに魔法の絵本。

 

早くから絵本にふれるのは脳の発達にもきっと良いのでお試しあれ。

 

 

 

 




世界のベンリ!な子育て道具、コントリビュート ショップ





コメント

タイトルとURLをコピーしました