【エンジンがかからない】たまにしか運転しない人はバッテリーに注意


 

車に乗る頻度が減ってしまうと気になるのは、

どれくらい車を動かしてあげないといけないのか、ですね。

ネットでざっと調べると、漠然と2週間に一回くらいは走りましょうと書いてます。

私は、その情報をとりあえず鵜呑みにして1ヵ月程試してみました。

結果、ついにエンジンがかからない日がやってきてしまいました。

※10分ほど粘ってなんとかエンジンはかかりましたが、起動するまでは相当焦りました

 

エンジンがかからなくなってしまった私の車の条件

・6年目くらいのトヨタラクティス

・走行距離 32,000km

・1ヵ月前から車を使う機会がなくなり、車の保守のため週に一回は4kmくらいは運転する

 

整備士さんへのQ&A

 

2,3週目くらいから起動の調子が悪いなあとは思っていたのですが、まさか起動しなくなるとは思っていませんでした。

というわけで、何とか起動した車のその足でトヨタさんに行って整備士の方にいろいろ聞いてきたので紹介します。

 

 

Q. ずばり原因は?

A. バッテリーが経年で少し劣化しています。この劣化と、短い距離の運転が重なって今回のように起動が悪くなっています。

 

Q. 毎週1回は4kmの運転をして車を維持してきたつもりですが効果はなかったのでしょうか?

A. バッテリーの充電は7,8km走ったくらいから始まります。起動には電力を多く消費するので、充電されないまま車に乗り続けていたためバッテリーが減っていました。

 

Q. 4か月後に車検があるのでそこまで持ちますか? ※まとめ買いの値引き狙いのため

A. 乗り方にもよるので、何ともお答えできません。

 

Q. バッテリー交換の基準はなんですか?

A. 通常、3年または60,000kmが交換のタイミングです。もちろん今回のように使い方によって前後します。

 





 

さて、今回私が選んだ結論は、バッテリー交換せず様子を見る、です。

理由は下記。

・時々長い距離を運転するようにする

・これから次第に暖かくなるため、エンジンの起動にはやさしい季節になる

・車検までは持つだろう

 

ただし、運転頻度を増やして、またエンジンがかからないようなことがすぐにバッテリー交換しようと考えています。

エンジンが完全に動かなくなってしまったら、ロードサービスの手配など余計にお金も時間もかかってしまいますから。

 

尚、エンジンが始動しないからといって、起動を短時間で繰り返し試みるのは危険です。

起動には電力を消費する(セルモーターを回し続けるとバッテリーが干上がるらしい)ので時間をあけて気温が上がってから試すなどの方法も考えられます。

※あくまでもバッテリーが弱っている場合の処置です

 

 

ちなみに、今回は点検だけだったのでお金はかかりませんでした。

エンジントラブルはバッテリーが原因とは限らないので、異常がみられる際には一度整備士に見てもらうことをおすすめします。

 





コメント

タイトルとURLをコピーしました