妊娠19週 -夫の目線ブログ- 妊娠線というものを知る

この記事は約4分で読めます。

 

 

 

妊娠19週目になりました。

今回は妊娠線について。

 

私この前初めて妊娠線というものを画像で見ました。

妊娠線にも種類があるのですね。

 

私が知っていたのは下腹部に出る縦にのびる線。

これは正直、クリーム塗ってまで気にすることはないのになー と思ってました。

 

知らなかったのはもうひとつの妊娠線。

なんかお肌にヒビみたいなのができるということです。

肌が伸びきるのが原因のよう。

 

世の中の妊婦さんに妊娠線予防クリームなるものが必要な理由を初めて知りました。

さっき妻が言ってたのですが、おっぱいにも妊娠線できるらしいです。

なんてこった!!

 

私、「妊娠線なんて気にしなくていいよー」なんてついこの前まで言ってましたが、最近は積極的にケアに協力するようにしています。

 

 


エルバビーバ(erbaviva) 定番マミーセット【送料無料(一部地域除く)】

 

 

さて、話は変わって、今クールのドラマにコウノトリありますね。

純粋に出産のたいへんさを思い知るにはとても参考になり、毎回感動で泣けます。

 

答えのない選択肢を投げかけられて、自分だったらどうするか考えるととてもぐるぐる。

命がけの出産が近づいてると思うと、他人事でもなく、母子ともに元気で出産をおえることが、とても尊く感じます。

前回は産後うつについても触れてましたが、何気ない一言でどんどん追い込まれていくので、変なこと言わないようにしたいです。

 

生理前のイライラ期に近いものがあるのでしょうか。

ホルモンバランスが崩れて不安定になるという意味では近いのかもしれません。

静かにたんたんと家事をすることで和らぐのか、そう信じて黙々と家事をこなす日々です。

 

 

妻の様子

 

最近はおなかの中からぽこっとした、と言うことがあります。

腸が活発なだけかもしれない、とも言ってます。

 

そろそろ胎動を感じてもよいころですが、初めての妊娠ではなかなか気づかないそうです。

ちなみに妻に似れば超絶わんぱくでしょうし、私に似れば類稀なる静かな子になります。

 

母がよく話してたのは、私がお腹の中にいたときはまったく動かないので死んでるのではないかと心配することが多かったと言っています。

たまに動いても、おなかをこしょっと触れるくらいだったとのこと。

 

小さい頃の魂は変わることなく、今も動き回ることはありません。

アクティブスポーツよりカフェ。飲み会の時も最初に座った場所から離れることは少ないです。

極端に動き回る妻と、じっと静かな私。こどもはどうなってしまうのでしょうか。

楽しみです。

 

さて本題の妻の様子です。

変わらなく過ごしています。

毎日葉酸飲んで、クリーム塗って、時々便秘薬飲んで、辛いものやお寿司を食べたがります

 

平和な日々が続いています。

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました