【衝撃】炊飯器の上蓋をそうじした方が良い理由

 

 

 

毎日のように使っている炊飯器。

おいしい白米を食べられるのは炊飯器のおかげですね。

もちろん炊飯釜は洗っているとは思いますが、

上蓋をちゃんと洗っているでしょうか。

 

私も正直、上蓋を洗うなんて発想はなく、

大学時代も一度も洗ったことはありません。

 

結婚してから妻に教えてもらって初めて上蓋が炊飯器から取れることを知りました。

新しい炊飯器を買ってから1ヵ月程たったころ、洗い物をしているときに、

「たまには上蓋を外して洗っていただけないでしょうか」

と言われました。

 

え?ふた?

 

その時に初めて上蓋の存在を知ったわけですが、

上蓋を外してみると確かに

お米の水蒸気が溜まりに溜まって固体か液体かぬるっとしたものになって、はびこっていました。。

 

あー、これはたまには洗わないといけないなー

なんて言ったものの、ついつい1,2ヵ月は忘れがちです。

 

 



 

そんな忘れがちになっていたころ、家のそうじについて何となく妻と話しているときに、

なぜ妻が炊飯器の上蓋の掃除を気にするか

その知られざるエピソードを聞きました。

 

蓋のエピソード

 

3年前まで妻はお姉さんと二人暮らしをしていました。

そのころ二人とも炊飯器の上蓋が取れることを知らずに毎日おいしいお米を食べていました。

ところがある日、食事の片づけをしている姉から呼ばれたそうです。

そのときに見たのが、

想像を絶する汚さの炊飯器の上蓋。

茶色くなった固形物がとどまっているその様子を、

動物のような姿に、胃から何かこみ上げてくるような気持ち悪さを覚えたそうです。

毎日食べているご飯が、あの上蓋から滴っていた水を吸っていたと考えるだけで食欲が失せた、

と振り返っています。

 

ちなみに妻の実家でも炊飯器の上蓋を掃除する文化はなかったらしく、

今回妻の姉が実家へ里帰り出産している間に新しい炊飯器に変わったそうです。

ご実家の炊飯器もきっと汚れていたのでしょう。

 

この話を聞いて、私もこまめに掃除しようと思いました。

 

もしこの記事を見て炊飯器を洗うこと知らなかった方は、上蓋が取れるかどうかを確認し、もし取れるのであれば、

勇気をふりしぼって掃除することをおすすめします。

 

以上、炊飯器の上蓋を掃除した方が良い理由でした。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました